クラウドとリアル 〜311の今日、思うこと〜

   

3月11日の今日、
2011年の「東日本大震災」から5年だ。

被災された方々に黙祷。

今でも日本全体は大きなダメージを受け続けてると思う。

2011年のアノ日、
TVからは現実のものとは思い難い映像が流れ続けた。
押し寄せる津波と流される家やクルマ。。。

私が思ったのは、「大変だ!」ということと同時に、
「ローカルディスクに大切なデータを置いてちゃヤバいな」、ということ。
一瞬で流されてしまう。。

やはり、クラウドに置くべきだ。
もちろん、バックアップのためにローカルにも置くのだけど、
軸は、あくまでクラウドにすべき。

データの保存だけでなく、
どこに移動しても見れるし、あらゆる場所から作業できる、
というメリットもある。

最近では、私はあらゆる写真をGoogle Photoに入れている。
保管できることに加えて、スマホでカンタンに時期を遡って写真を見れるところもイイ。
飲み会とかで、過去の写真をスグに見せられるし。

データとは、使うためにある。

それに、音楽もGoogle Play Musicに保存してる。
膨大な楽曲リストに加えて、自分のリストも楽しめる。
写真と同様、聴きたい時にスグに呼び出せる点も素晴らしい。

そして、
資料は、Googleドライブに保管。
どこでも資料を開いて参照できるし、書き込める。

もちろん、リアル、ローカルが大事なんだが、
軸をクラウドに置いて、リアルを従属化していく、
そんな感覚でこそ、はじめて効果を出せるのではないだろうか。

 - diary